プリンターメーカーのリサイクルトナー対策について

img1-1

非常に安い金額で購入することができるリサイクルトナーは、プリンターを製造販売しているメーカーにとっては厄介な存在です。

自分に合ったエプソントナーの有益性の紹介です。

規制することは困難であるため、ユーザーに対してメリットとデメリットを示し選択させるような対応をとるのが一般的となって来ています。

リサイクル品を使用するメリットとしては、ランニングコストを非常に安く抑えることができると言う点になります。一方でデメリットとしてはメーカーの保証や修理に制限が発生するという点に集約することができます。
具体的にはリサイクルトナーを使用した場合の修理が不可能であったり、可能であっても高額な修理費が必要になることを受け入れなければならないのです。

リサイクルトナーを製造販売している業者は、このような問題に対してリサイクルトナーを原因とする故障に対しては保証する旨を明記して販売するケースが増えていますが、ユーザーにとって何らかの障害が発生した場合にリサイクル品が原因であることを証明するのはほぼ不可能です。
そのため万が一の故障が発生した場合にはどこも責任を取ってくれない事態になりかねません。

教えて!goo情報を探しましょう。

そのためリサイクル品を使用する場合には故障時の覚悟しておく必要があるのです。
リサイクル品を使用せず純正のトナーを使用する場合に限りメーカーの保証を受けて修理をしてもらうことができます。

これらのどちらにメリットを感じるかはユーザーサイトが判断しなければなりません。



一般的に1度でもリサイクル品を使用すればメーカーのサポートを十分に受けることが困難になります。

トナーの話

img2-1

現代のビジネスにおいてはプリンターの存在は非常に重要なものになりました。一般の業務用のプリンターであっても様々な印刷を行うことが出来るようになりました。...

more

専門知識

img3-1

プリンターを製造販売している各社は、ほぼ例外なくプリンター本体を安く販売し消耗品であるトナーを販売することで利益を得るビジネスモデルを作り上げています。そのため家庭用であっても業務用であっても、消耗品であるトナーは比較的高額な価格設定になっているのが一般的です。...

more

トナーの特徴紹介

img4-1

コンビニのコピー機で書類を印刷したとき、出てきた紙を取ろうとすると、ほんのりとした温さがあります。家のプリンターで印刷したらそうでもありませんでした。...

more

人に言いたい トナー

img5-1

仕事とは、印刷することだと仰る方も多いことでしょう。それだけ、業務にはなにかと印刷を行います。...

more
top